top of page
検索
  • 執筆者の写真Futa

スキー合宿3年間の軌跡


今回で3回目のスキー合宿。




そして、3年連続皆勤賞のS君。1年目の彼はスキーもほとんど滑れず、事ある毎に涙を流していました。




2年目になるとスキーは滑れるようになったものの、出発の際のママとのお別れや、嫌いな食べ物を前にした時などまだまだ涙は止まりませんでした。




迎えた3年目。出発の時、過去2年はお別れに泣いていたが今年は泣かず、席が隣だったので「スキー合宿楽しみ?」と聞くと、笑顔で「早くスキーしたい⛷」と。



今までずっと行きは親御さんとのお別れから寂しそうな顔をしていたS君が今回は笑顔で楽しみと答えてくれたことにスタートから嬉しさと成長を感じました😊



スキー場に到着していざスキーへ⛷




スキースキルに関してはなんの問題もなく、昨年のコツを忘れずに滑っていました👏




昨年、一昨年と苦戦したスキー板の運搬や装着も泣くことなく、自身の力で運び装着していました。過去苦戦していた沢山の事を今年の合宿では乗り越えているのを目の当たりにして、彼の努力と進化に胸を打たれました。




そして、毎年涙の温床となっている夜ご飯タイム。

僕は彼の隣でご飯を食べることになったのでチラチラと観察していました👀



彼のお皿を見ると目の前には苦手なトマトが、、🍅

彼はトマトを前に今まで軽やかに動いていた手をストップさせ固まりました。




どうするのかなと見ていると目が合いました。

普段の彼ならきっとここで食べられないと涙を流し、残しても良いかと言っていると思います。




しかし、今回の彼は僕の目を見ると「トマト嫌いなんだ。でも、食べる」と、トマトを口に運びました。

苦手なトマトの味に苦戦しながらも「意外といけた!」と言う彼は過去の合宿からは想像つかないような自信に溢れた顔をしていました😎✨



結果彼は3日間を通して、出発から帰りの到着まで1度も泣くことはなく、過去の合宿とは全く変わった彼になって合宿を終えました。




僕はそんな彼を見て、少し寂しい気持ちを抱くと共に、言葉では表せない感動とこの先の彼の躍進を見逃さないようにしなければと強く思いました。




彼の今後に大きな期待を✨

FUTA



・Peatix:ボール合宿-3日間里山の学校を貸し切って、ハンターに挑む👇


・Youtube:子どもたちの挑戦と成長の記録👇


・Peatix:公開中のイベントはこちら👇

・HP:GRIT NATION KidsのHPはこちら👇









閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示
Post: Blog2 Post
bottom of page